20時間基礎セミナー

Pocket

0X7A6541

「母乳育児支援20時間基礎セミナー」は、UNICEF/WHOにより「赤ちゃんにやさしい病院運動(BFHI)」の教材セットの一部として産科スタッフの研修用に作られた、『UNICEF/WHO 赤ちゃんとお母さんにやさしい母乳育児支援ガイドベーシック・コース「母乳育児のための10ヵ条」の実践(2009)』(医学書院、2009年)の内容を学ぶセミナーです。

このセミナーでは、妊娠中の女性や乳幼児にかかわる保健医療従事者や,母乳育児支援に関心のある人達が、母乳育児支援の基礎的知識を習得すると共に、母乳育児支援の実践の基本を参加型で学ぶことを目的としています。

ロールプレイング、ケース・スタディ、ディスカッション、臨床実習なども含んで、約24時間のプログラムで行われます。

尚、会場等の都合で臨床実習ができない場合もあり、その場合はロールプレイングなどで学びを深めます。

参加者にはラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会より継続教育単位が発行されます。
(継続教育単位については、ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会日本HPをご参照ください)
あなたも参加型のセミナーを体験してみませんか

2018年度の募集詳細です。
このセミナーは4回(4日間)で完結します。(繰り返し受講することもできます)
1.第1期
 平成30年 6月28日(木)、7月18日(水)、8月23日(木)、9月20日(木) 
 場所:福岡県立大学附属研究所2階 ヘルスプロモーション実践研究センター
2.第2期
  未定
3.島根編
 平成30年9月8日(土)~9日(日)
     10月26日(土)~27日(日)  4日間
 場所:島根大学医学部付属病院講義棟
 締切:2018年9月4日(水)
定  員: 各期 12名(最小催行人数 6名 6名以下の場合、開講しないことがあります)
申込期限:第 1 期 6月24日(日) 島根編 9月4日(火)
参加費 :41000円(継続教育単位発行料を含む)+講師交通費(参加者で頭割りします)

参加条件:原則として 全セッション参加可能であること。

参加できなかった場合の資料は後日お渡しいたしますが、その分の継続教育単位は認定されません。
欠席分の受講料は返金しておりません。
参加希望の方は、メールでご連絡ください。
お申込先:福岡県立大学大学院看護学研究科助産学領域 小林絵里子
     ekobayashi@fukuoka-pu.ac.jp
主催:九州母乳育児支援セミナー
共催:福岡県立大学 看護学部 女性看護学領域
   福岡県立大学大学院看護学研究科 助産学領域
ページ上部へ戻る